banner

婚約指輪はブランド店か卸価格か

婚約指輪を購入する際、どこで購入するかは悩むところです。
基本的には彼女の好みに合うものを選ぶのが一番喜ばれます。
しかし一般的に有名ブランドで購入すると原価の何倍もの値段を払うことになります。ブランドが付加価値となるためですが、ダイヤや金属のクオリティとしてはその数分の1の価値のものとなってしまいます。例えば予算が100万円以上あるのであれば、ブランドで購入してもそれなりのエンゲージリングを購入できます。
ダイヤの大きさや輝き、透明度も美しいものを購入することができます。
また、ダイヤがいくつか連なったデザインのものを選ぶこともできます。
こちらのサイトではジュエリーショップでのエンゲージリング購入について、詳しく解説しているようです。

しかし予算が50万円程度である場合は卸価格で購入するのもよろしいかと思います。
ブランド店で購入しても、そこそこの輝きや透明度をもった小さめのダイヤの指輪を購入することができますが、ノーブランドであれば、ブランド店では100万円以上するダイヤの輝きを50万円ほどで手に入れることができるからです。
また、予算が30万円以下であれば、卸価格で購入することをおすすめします。
ブランド店で30万円以下の商品のダイヤは、小さかったり輝きが少なかったり、透明度が低いなど、いずれかの欠点をもっている商品が多いからです。
このような場合、どうしてもブランド店で指輪を購入したいのであればダイヤなしのデザインを選ぶ方がよいです。
しかし、婚約指輪にダイヤが入っていないのは、少し寂しいものです。
ダイヤの輝きは永遠を意味するものであり、婚約指輪はダイヤ入りの方が素敵です。

ちなみに、日本におけるエンゲージリングの平均額は約38万円です。
これはあくまでも平均なので、参考程度の金額ですが、約40万円であれば、ブランド店で小さなダイヤを購入するよりも、美しく輝きのあるダイヤを卸価格で購入する方が指輪のクオリティは高くなります。
予算が30万円以下であってもクオリティの高いダイヤを手に入れることができるのが、ノーブランドでダイヤを卸価格で扱っている店舗です。
色、大きさ、形、透明度など様々なランクのダイヤを扱っており、好きなダイヤをセレクトすることができます。
ダイヤの基準は世界基準で標準が決まっているので、確実な商品を手に入れることができます。
きちんとした鑑定書もついているので、品質の安全性は保証されています。

また、そのダイヤを使って結婚指輪にすることもできます。
婚約指輪は結婚指輪をつけるようになると、普段あまりつけなくなってしまう場合が多いので、両方に使えるようにデザインすることもできます。

Copyright(c) 2013 けっこん.com All Rights Reserved.