banner

夢の婚約指輪のサイズ選びについて

結婚が決まると、女性は結婚式、披露宴もさることながら、結婚指輪、婚約指輪を選ぶことがとても幸せな時間です。
いろんなお店に行き、何度も悩んで、パートナーと一緒にひとつの指輪を選ぶというのは、二人が一緒にやる最初の共同作業になるかもしれません。
最初は、漠然と頭の中に、こんな形がいい、といった希望があることでしょう。
婚約指輪はダイヤがキラキラしたものがいいけれど、結婚指輪はいつもつけるものだからシンプルなものがいい、という場合もあるでしょうし、逆に、どちらもシンプルなものにして二連にしてつけたい、ということもあるでしょう。

男性は最初は指輪にそれほど興味な持てないかもしれませんが、女性には選ぶ時間から一生思い出に残るものとなるので、パートナーの喜ぶ顔を見て幸せになる時間として、ここはがんばってほしいものです。
憧れのブランドがあっても実際見ると別のブランドに欲しいデザインが見つかるかもしれませんし、実際つけてみると雰囲気がまた違って見えて、とても悩むことでしょう。それもすべて素敵な時間ですので、じっくり時間をかけて、納得のいく素敵な指輪を手にいれてください。
サイズもプロに見てもらえるので、安心です。
サイズについては、お店の方はとかくぴったりしたサイズをすすめがちです。
でも、指輪をはめることに慣れていない方にしてみると、ぴったりサイズというのに違和感を感じることも多々あります。
そういったことも含めて正直にお店の方に話して調整することが必要です。ストレートタイプの指輪か、Vラインか、ウエーブしているか、といったデザインのちょっとした違いでも、0.5号単位で大きさが違ってくることもありますので、何度もはめてみてください。
一日で決まらなくても全く遠慮はいりません。
また、少しゆるめが希望であれば、それも間違いではありません。
薬指の第二関節部分がゆるくなければ、はずれてくることはありませんので、多少回ってしまうくらいゆるくても、本人が快適に装着できるのであれば問題はないのです。

また、ブランドによっては購入後、1回のみ大きさが調整できる、といった場合も多いので、まずはお店に足を運び、店員さんに相談することをおすすめします。
そして、できれば二人で実際に指にはめながら決めることをすすめます。サプライズの演出も感動的なものですが、サプライズで渡すのであれば、後から大きさが調整できるタイプのものを選ぶことで失敗なく渡すことができるでしょう。
こちらのサイトでは、婚約指輪の素材選びのポイントについて紹介していました。是非ご覧になってみてください。

Copyright(c) 2013 けっこん.com All Rights Reserved.